キッズ カジュアルブラウス キッズ カジュアル 男児羽織袴キッズ カジュアル 子供フォーマルシューズ アウターカーデ ワンピース
ドレス ベビーフォーマル アウターカーデ レイングッズランドセル 水着 アクセサリー 浴衣

喪服スタイルバナー お葬式のマナー
乳幼児の場合

赤ちゃんは、葬儀の場所には、連れて行くべきではないという考えもありますが、
親族や家族の通夜や葬儀の場合には、連れて行かなければならなかったり、最後のお別れのために、旅立つ家族に赤ちゃんの顔を見せたいという思いもあるでしょう。
赤ちゃんの場合は、黒の服は、マストではありません。モノトーンの服装があればよいですが、なければ、白、クリーム色、 グレー、淡い色などのおとなしい色のロンパースに、落ち着いた色のスタイをかけたりするなどでよいでしょう。  着脱のしにくいフォーマルな服を着せるよりも、オムツ替えなどがしやすく、赤ちゃんが居心地よく、世話をしやすい服装にすることが大事です。
乳幼児の場合、服装よりも、ぐずったり泣いたりしないようにする工夫が大切です。
マザーズバッグを黒いボストンバッグにいれるなどして、毛布やおもちゃや、お菓子、ジュースなど十分な準備をしてそばにおいておくか、すぐに外せる別室や廊下などに、用意しておくのがよいでしょう。
すぐに退出しやすい場所で参加することができれば、そのようにしましょう。

子供の場合
幼稚園や小学校で、制服がある場合は、制服を着用しましょう。
お通夜、葬儀、告別式などの参列では、制服を着用するのが正装です。
制服がなかったり、帰省の際などで、制服の用意がない場合は、黒、紺、グレーの 清楚な服装が おすすめです。
女の子:白いブラウスに、黒、紺、グレーのワンピース。 黒無地のワンピース
男の子:白いシャツに、黒、紺、グレーのパンツ。無地ベストか、カーディガン、ジャケットがあれば、着用。 
あれば、黒いネクタイ着用

靴:黒のローファー、白や紺、グレーなどのスニーカーでも派手でなければ、大丈夫です。
靴下:黒、もしくは、白、グレー、紺の無地 (くるぶし丈は、避けたいです。)
音がなる靴は、避けましょう。 キャラクターデザインも避けたいです。
小学生以下の場合、長時間の葬儀は、耐えられず、精神的にもかなりストレスになる状況が考えられます。 席を外してもめだたない場所を割り当てましょう。 関係者の大人は、忙しく、気が動転でしている時ですが、そうした雰囲気を子どもたちも感じますし、普段してあげられる子供へのケアも行き届かなくなります。 それを前提に、準備をしましょう。

Q:制服のネクタイが赤です。どうすればいいでしょうか?
A:それが正規の制服であれば、よいということになりますが、明るい色のネクタイは、やはり、ちょっと気になるということであれば、ネクタイをとって、きちんとボタンをしめるか、制服でなく、私服にすることをおすすめします。


女の子 喪服・礼服



喪服向けの靴・小物



着回しできるシンプルブラックワンピ

着回しできるシンプルブラックワンピ
身体をしめつけないゆったりとした着心地の
シンプルなワンピースです。

黒いタイツや靴下と合わせてブラックフォーマルに、
ボレロやジャケットと合わせれば卒園式や入学式に、
カーディガンやネックレスで盛れば
発表会や結婚式など華やかシーンにも対応。

一枚でサラッと着られるから
カジュアル使いももちろんOKです。

シンプルを極めた着心地楽々なワンピース。

喪服の靴・小物



フォーマルに使えるワンピース